こんな暮らしぶり~その2

台風です。身の危険を感じるほどではありませんが、時折ものすごい雨風が窓をガタガタ言わせます。とても外に出られるような状況ではないので、家で大人しく何かしようと思ったのですが、窓がガタガタいう度にミーアキャットのように「来たか!」となってしまうので、集中力なし。そんなで、とりあえず何か食べることばかりしています。

さてさて、今日は沖縄の暮らしぶりの二回目。

——————————————

●風呂がない

「沖縄は暑いから、風呂に入らないサー」と言われていた通り、シャワーだけで風呂桶のない物件が多いです。それもそうかな…と思い、うちもシャワーしかありません。

沖縄は確かに暑いですが、習慣として湯船につかっていた人間とすると、やっぱり時には湯船につかりたくなります。たとえどんなに暑かろうと…。しばらくすると、お風呂のことで頭がいっぱいに。こうなると、銭湯に行くしかありません。調べると、沖縄の銭湯は1000円前後かそれ以上で料金は少し高め。ただ、タオルなどは全て貸してくれるところがほとんど。手ぶらで行けるようになっています。

とにかく行こう!と、自宅から一番近いお風呂に。タオルと館内着を借りて、ロッカーへ。お風呂はロッカーの下の階。不思議な造りだなぁと服を脱いで階段を降りていくと…、そこは館内着エリア!「みんなエクササイズみたいにしてるけど熱くないのかな?」と思っていた一番大きな浴槽が水風呂!!ものすごいカルチャーショックを受けて帰って来たのでした。

そんなこともない銭湯もあるのですが、バスタオルを持ってサウナに入る、顔にタオルを巻いてサウナに入る(←結構恐い絵…)姿はよく見かけます。けど、“バスタオル、二枚目は貸しません”といった内容の張り紙を見て「ん???」となったこともあるので、それぞれの場所のルールがあるようです。僕は、とにかく初めて行く銭湯では周りの様子を伺ってから服を脱ぐといった、何とも怪しげな人になっています。

ちなみに、今は景色も良く非常に快適なお風呂を見つけたので、早朝の値段の安い時間を狙って行っています。

IMG_2952そのお風呂入口の写真。ん?シーサーが3体?

 

IMG_2953いえいえ、ご主人のお出迎えでした。

 

 

——————————————

まだまだ、外は荒れ模様ですが、何事もなく過ぎ去ってくれることを願って、何か食べることにします。