こんな暮らしぶり~その1

「それで、買い物とかどうしてるの?」
沖縄に引っ越したと話すと、よく聞く質問。はるか遠くに引っ越した…という印象から、全く違う暮らしぶりをしているのだろうと思っている人も多いのです。このブログは、どちらかというと今までお世話になった皆さんに多く読んでいただいているようなので、沖縄での暮らしぶり少しレポート。

—————————————-

●いたって普通の食生活
「毎日ゴーヤーばっかり食べてるんでしょ?」とまで言われたこともありますが…。食生活はいたって普通です。関東での食生活と変わりません。沖縄料理はいつでも食べられるから、むしろあまり食べなくなったかな。

「全部、安いんでしょ?」と、またざっくりとした質問もされたことがあります。スーパーの品ぞろえは関東と変わりませんが、値段もそんなに変わりません。

ただ、安いものとして思いつくのは、お弁当を含めた外食の値段。特にお弁当なんかは、300円も払えば、おかずが5品以上、ご飯も山盛り。基本的に揚げ物が多いので、食べる量と相まって健康問題は出てきているようです。

外食も量が多く、何品かで間に合ってしまうのであまりお金がかかりません。夏休みに遊びに来た教え子は、定食を食べながらその量に悶絶していました…。ただ、観光地はやっぱりそれなりの値段ですね。

●生活の足は…
ご存知の方も多いと思いますが、沖縄には鉄道がありません。ゆいレールというモノレールもありますが、あくまで観光路線。生活の足とは少し違うかな…。

なので、車社会です。それはそれは自転車のように車を使っています(これも健康問題に関わっているとか)。

公共交通機関と言えば、バス、そしてタクシー!スーパーの外でタクシーが待ってるなぁと思っていると、買い物袋を持ったおばぁがタクシーへ乗り込んでいく、なんていう場面も珍しくありません。初乗りは480~500円くらいで、関東よりは乗りやすい値段。子どもも、みんなで割り勘してタクシーに乗ったりしていて、なんとも微笑ましかったり。

バスは、ものすごい数の路線がありますが、生活に合わせて使う路線番号だけ覚えておけば、そこまで迷わないかな。ずいぶんと年季の入ったバス車両も走っていて、それはそれはイスが跳ねます。この前なんて、おじぃが下車ボタンを押せないほど跳ねていました。なんでも、バスマニアの人にはたまらないクラシック車両も走っていると教えてもらったこともあります。電車が好きだった僕としては「ちょっと乗ってみたいな」と思ったり。見方を変えれば、楽しいもんです。

ちなみに、アップダウンが多いので自転車は大変かも。地元の人は、潮風でチェーンがやられる、日差しがつらい…などあまり乗らないようです。「自転車に乗ってるのは、ナイチャーかアメリカね」と言われたこともあるくらい。ちなみ僕は、猛烈な坂(階段みたいな角度)の途中にあるアパートに住んでいるので、自転車を買う予定はありません。そんなで、日に日にお腹が出てきています。

—————————————-

何か大変な生活をしているんじゃないかと心配して下さっている皆さん、こんな風に元気に過ごしております。もちろん戸惑ったりすることがないわけではありませんが、何よりもは楽しく過ごそうとすることを大事に。同じものを見るのでも、見え方が全然違ってきますからね。まだまだ紹介したいこともあるので、次の機会に!