お知らせと雑感

今年は涼しくなるのが早い気が。過ごしやすくなるのは嬉しいけれど、少し名残惜しい陽気です。

9月最終日の今日は
「夏、あっという間に終わっちゃったね」と言えば、
「だからよねー。もう今年終わっちゃうよ。コロナのせいで何もできないで、ただ年を取っただけだよ」なんて若者に言われています。。

コーラルは明日10月1日~9日まで臨時休業となります。メールなどの返信は遅くなりますのでご了承ください。お急ぎの方はコーラルの電話までご連絡ください。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜

沖縄に来る前はいわゆる公務員の立場にいたのだけど、公務員と言っても常勤と非常勤とはまた立場がだいぶ違って、ぼくはフリースクールを運営する傍ら後者の非常勤の公務員だった。政治を語る中で「公務員を減らせ」みたいなことを言う人も珍しくないけど、公務員を減らしたところで実際の業務量が減るわけではない。そこで必要な労働力として安価で不安定な立場の非常勤公務員がどんどん増やされていって“官製ワーキングプア”なんて言われる始末だった。(多分、今も。)

ぼくの働いていた部署はぼくが入庁した当時は自分の親の世代の人しかいなくて、部署の大部分を占める非常勤職員全員が労働組合に加入していた。「非常勤は不安定な立場だから」というのも共通の理解で、労働環境・労働条件に関する様々な交渉というのは労働組合を通して行うので、労働組合加入はごくごく自然なことではあった。

それが、ぼくより年下の人が同じ職場に来るようになると一変した。組合を勧めると「それって何かメリットがあるんですか」というのが決まり文句で、組合に入ると順番に担当の当番が回ってきて会合に出席しなければいけないというようなデメリットの方が圧倒的に大きく感じるようだった。そして、その裏には「どうせ何も変わらない」という大前提があったのだと思う。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜

韓国の『明日へ』という映画を観た。スーパーで働く人たちが不当解雇に抗議して労働組合を結成するという内容なのだけど、これが実話に基づいているというのが驚愕だった。映画の中に出てくる企業の体質はどこかで聞いたことがあるな…というくらい身近な感じなんだけど、自分たちで自分たちの仕事を守るという“行動”については、とても遠い社会のことに感じてしまった。この国でも少し前に『蟹工船』が流行ったけど、あくまで小説の中の話なのだろう。

ちなみに、映画そのものとして面白かったけど、最後の日本語訳は少し違うかな?韓国語はほとんどわからないんだけど、唯一解るような場面でそんな風に思いました。あそこが肝なのに…と少し残念。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜

沖縄に来る直前、勤務している部署の非常勤職員の業務内容が変わる(実質負担が増える)というお達しが来て、組合に加入していようがいまいが関係なく結局は組合を通して交渉することになった。交渉の場につくのは部署は違えど同じ職場の人同士(お達しはもっと上から降りてくる)なのでエレベーターで鉢合わせした際には「お手柔らかにしてくださいよ」なんて言われたりした。向こうは向こうでこちらに要求を飲ませるのが与えられた仕事なので板挟みで辛いのは分かるのだけど「いやぁ、あはは」と返事をしておいた。

ぼくは沖縄に引っ越すことは決まっていたので言いたいことだけ言って(そして言われて)退職し、この交渉の結末は見てはいないのだけど、噂ではまるく収まったとかなんとか。

一生懸命している仕事ならば、それを守るのもまた自分。だから、時には降って来た火の粉は振り払わないといけないこともあるんだと思っています。