放課後教室のようす

沖縄は梅雨入り…のはずが、今日は快晴。新型コロナの自粛も徐々に解除されるらしく、ポカポカ陽気に誘われた人の動きも見てとれるような。まぁ決してこれでおしまいというわけではないので、今までの生活にすっかり戻るというわけにはいかないのだろうけど、押さえつけられるようにあった緊張感が多少はほぐれていくようにも。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜

放課後教室は変わらず継続中です。マンツーマンでそれぞれの勉強を進めていく中で、新しく入会した子とは分数のかけ算・割り算はどういうことをしているのか、見学に来た子とは割り算のひっ算はどういうことをしているのか…を一緒に考えてみました。

20200508_164413

解き方は知っているけれど、どうしてその解き方が成立するのかは知らない…ということは多々あるようです。与えられた方法を体得する前に、まずは目の前の事象を理解するという第一歩が大事だと強く感じます。それは、みんなが勉強しているのは問題を解くためじゃなく、この先の長い人生自分で考えて理解し、判断することに繋がっていくだろうと考えているからです。

「本当の勉強はこれから自分でしていくんだから。そのためにも今はたくさん勉強しておくんだよ」という高校時代の先生の言葉がふとよぎります。先行きが何とも不透明な今日だから余計にかもしれません。