前回のブログに続いて…

臨時休校 家庭学習内容「改めて学校で教える必要なし」文科省

家庭学習も評価に反映 臨時休校の長期化で通知 文科省

先日のブログで“教育を止めない”云々のことを書いた。国の対応がお肉券やら布マスクやら想像を絶すること目白押しの中ちょっとやそっとのことじゃ驚かくなってきたのだけど(←こういう耐性は良くない)、これらの記事には目を疑った。

フリースクールに携わってきた身としては、学校に行かない・行けないという子どもが教育を受ける権利をないがしろにされてはいけないという思いがあった。公の機関として学校という場を用意しているのだからそれで子どもが教育を受ける権利に対する義務を果たしている、という理屈は大人として許容してはいけないということだ。いくらいろんな学校があってそれぞれの特色を打ち出そうとも学校である限りは公の機関の域を出ることはないから、学校に行かない・行けない子の教育を受ける権利のためには、学校以外の学びの場が必要だという結論に帰ってくると思い続けている。

ところが、公の機関としてすら子どもの教育を受ける権利を放棄している捉えてもいい上記の記事。前回記事に書いた子ども自身が感じている“教育の欠落”を、家庭の責任として押し付けられる形で上から落とされてきていいのか…。ちょっと考えられない状況になってきています。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜

「休み中の宿題出た?」と聞いてみる。

とりあえず去年の復習という大雑把なもの、去年の英語の教科書の文を10回書き写すという作業…。こんな内容の課題を出されている話も珍しくありません。自分で勉強したい子には文科省がこんな学習インターネットページを紹介しているよ、なんていうのもあちこちで見ます。とにかく“丸投げ”と言ってもいいでしょう。なんでもないときには気にならなかったかもしれないことも、先の見えない今日の状況では所詮他人事なんだろうと横目で思ってしまいます。

前回の記事でも書きましたが、医学疫学的視点、経済的な視点同様、教育も危機的状況だということが浮き彫りになっていると強く思います。“教育を止めない”ために自分ができることは、現状ではコーラルを続けることしかないのですが、そのためにも自身の健康維持を含めて先を見据えた緊張感を保っていきたいと思っています。