夏休みも終わって…

夏休みの宿題に追われていたみんな。社会科の課題で人口問題について書くことにしたということで、一緒に総務省のデータを見ながらあれやこれや。

20190831_101740

「ちょっと調べた」と“社会活動が低調になって…”との視点から。

また別の子は、介護や年金という言葉が出てきた後に、
「でも、保育園に入れない人もいるんでしょ?子ども少ないのになんで?」
疑問は続きます。

もうずいぶん前から少子化で大変だ大変だと言われているけど、そもそも子どもが減っている理由ってなんだろう?と考えてみました。(ただ、沖縄は子どもの数が多いので、そこは実感ないかもしれないのだけど…)

それにしても、総務省のデータは戦前から未来予測まで情報が入っていて、「え?これ、何??」とあっちにこっちに話が広がっていきました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「忘れ物したら卓球できないんだよ」
「ん?何の話?」

どうやら学校に卓球のセットがあって休み時間とかに遊んでいるらしいのだけど、忘れ物のペナルティでその卓球をやらせてもらえないルールがあるとのこと。うーん、何だか腑に落ちないナァと思っていると、他にも雑巾がけをやらされたりすると聞いて驚愕。

忘れ物の“指導”をするなら忘れ物について話さなければならないと思うのだけど(←根本的にバカバカしいことがよくわかる。忘れ物が良くないなんて分かっていることだから)、何か他の罰を与えることで“指導”とすることには疑問を持たざるを得なく、一言でいうと手抜きだとも思う。ぼくの記憶では学校から体罰を含めこういうことは排除していく流れだったと思うのだけど、最近別の小学校でもペナルティで雑巾がけをやらされるということを聞いて、何がどうなっているのか良くわからなくなってきました。

そもそも“指導”とかいう言葉があまり好きではないぼくですが、こういうやり方って大人になってから「あれって意味ないし、変だったよね」と振り返られるようなことだと思うのだけど今の先生はそういう経験ないのかな??

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

映画『1987、ある闘いの真実』を観た。ぼくの記憶にもはっきり残っているソウルオリンピックの前年の話だと知って驚いた。

韓国の民主化運動を取り上げた映画というと、少し前に『タクシー運転手 約束は海を越えて』が話題になったけれど、それよりも良かったかも。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

みんなの夏休みも終わり、土曜オープン教室も再開しています。二学期からは隔週での開催となっています。見学などの際には、オープンしているかどうか事前にお問い合わせください。