放課後教室の一コマ

「じゃぁ、今日の宿題は…」

“口”に二画加えて違う漢字を作るというお題。

「どういうこと?」
「例えば、“田”とか、“目”とか」
「二本?」
「今のは線を二本足したけど、そうじゃなくて二画を足すんだからね」

早速いろんな辞書を引っ張り出してきて調べています。

20180515_174846

10年以上前、みんなで27~28文字くらい出し合ったけど今度はどんなかな??

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

後日…

宿題の答え合わせ!

ただ発表し合うのではつまらないので、子どもチームと大人チームに分かれて、交互に一つずつ発表。先に言われてしまった漢字は発表できない…というゲーム方式で。
「これは、あっちも書いてるんじゃない?」なんて予想もしながら順番に発表。

「これは妹が教えてくれたんだよ」という漢字が“囚”だったりして、かなり笑えた!

20180521_174856

気が付いたら30文字くらい書き出しました!すごーい!

ゴールデンウィーク開けて

ブログの更新、すっかり間が空いてしまいました。放課後教室はいつものように行っていて、ひと学年上がったから!とハッパをかけるようなことがあったとしても、普段の緩やか加減は変わらずです。

個人的にはこの間にいろんな出来事があったのだけど、普段の生活に戻ってきました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

何年か前、鎌倉市の図書館が夏休み明けのタイミングに不登校の子に対して出した、“学校が嫌だったら図書館にいらっしゃい”というメッセージが話題になった。公の機関(しかも教育機関ではない)がこの様なメッセージを出すことには、大きなハードルがあったということは想像に難くなく、確か一度このツイートも削除していたような。この出来事があったからか、今でこそ“休んでもいいんだよ”というメッセージが不登校関係者以外からも聞こえるようになってきたけれど、実際には極々少数派だという現実は見つめ直す必要があると思う。

そもそも出発点が“学校じゃなくても全く問題ない”というぼくにとっては、“(学校を)休んでもいい”とかいう発想は普段の意識からは遠のいているけれど、夏休みが終わる…という時期には「登校」「休みたい」「休めない」などなどの言葉に圧し潰されそうな子どもの話、声、様子が生々しく蘇ってくる。

不登校で学校に全く通っていなくても、みんなが登校している間には心身ともに調子が悪く、長期休暇の間には徐々に良くなるのだけど、その終わりが近づくにつれてまた調子が悪くなる…というサイクルに飲みこまれている子は珍しくなかった。特に夏休みは調子が良くなる期間が長い故に快調具合も目を見張るものがあったりするのだけど、その反動もまた大きい。もはや原因が何かは火を見るよりも明らかなのだけど、どっぷりとした沼にはまっているように身動きが取り辛くなっているような話はたくさんあった。

そして、この夏休みに加えてもう一つ大きなタイミングがゴールデンウィーク開けだった。新年度が始まり、学年が変わり(クラスや担任が変わり)「今年は心機一転」と普段以上に頑張るも、どこかギクシャクしているのを感じながら無理に無理を重ねてしまい、ゴールデンウィークでその歪みがいっぺんに出てしまうようなケースもたくさんあった。周囲の人も、子ども本人が当初頑張っていただけに「今年は大丈夫そうだったのに…」という残念な気持ちを目に出してしまい…、いや、そんなつもりないのだけど子どもがその様に感じ取ってしまうようなやり取りになってしまうことが多々あり、元々は存在したかどうかわからない“期待”とそれに対する“落胆”という言葉がどこからか滲み出てくるようだった。

「五月病」という言葉で片付けるには、あまりにもいろいろな経緯を引きずっていて、あまりにも先行きが重苦しい話。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

コーラルは、今は放課後教室の活動が主だけれど、ちょくちょく不登校に絡んだ相談も受けています。不登校相談というと、“子ども自身の力を信じる”とか“子どもの人権”とかいう理念の話で終わるところも珍しくないのだけど、理念というのは相談を受ける側の話であって、そこに相談者を乗せるのは相談を受けるということとはかけ離れているとぼくは考えています。

コーラルでは、暗中模索の中の悩みを一緒に考えるには具体的な情報で先を照らすことが一番だと考えているので、今の状況でどういう選択肢が考えられるか、その選択肢ではどのような先が見込めるかという具体的なことを中心に話をしています。ぼくは関東での活動の方が圧倒的に長くて沖縄の事情にはまだまだ分からないところも多いのだけど、どんなかな?ということがあったら、ぜひご連絡ください。

ゴールデンウィーク開けすぐに書きたかった内容がちょっと遅くなってしまったけど、書き記しておきます。

20180215_133340