野中さんのこと

野中広務さんが亡くなった。

ぶらっと本屋によって新書を買い漁っていた時期があったのだけど、多くは一回読んで終わっていた中、何度も読み直した数冊のうちの一冊が野中さんと辛淑玉さんとの共著の『差別と日本人』(角川新書)だった。この本で初めて知ったことはたくさんあって、吐き気を覚えるような歴史の出来事も綴られていたのだけど、野中さんの世代が日本にいることに安心感を覚えるような内容だった。

それまでのいろんなニュースで、野中さんに対してあまり良くないイメージも少なからず抱いていたけれど、それが大きく変わった一冊だった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

野中広務さんインタビュー【09年8月特集-戦争を考える】 不登校新聞 → http://www.futoko.org/special/special-17/page0803-511.html

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

野中さん自身も最後の砦の意識があったのだろう、最近はこの国の行く先を危惧する発言する機会が増えていたのだけど、それももう無くなってしまった。次の世代がどの様に引き継げたのかが平和に直結する時代になっているけど、野中さんが危惧していた状況をひしひしと感じざるを得ない。

この危惧というのは教育の世界でも感じることで、例えば生徒が戦争の授業を「つまらない」と言ったことに対して「押しつけだもんね」なんて同調してしまう教育関係者も少なくない。また、なぜだか平和教育を政治的なものとして捉える人も多くて、結果、当たり障りなく年表を読むような授業しかできない人も多い。これでは、ぼく達の次の世代はどうなっていくのだろう。過去の戦争を“負の遺産”として平和の礎にしていくには、教育の関わりというのは不可欠なはずなのだけど。

そんな風に考えると、上記の不登校新聞の紙面でインタビューに答える野中さんの思いも、何となく感じ取れる気がするのです。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

『戦場のメロディ』という韓国の映画を観た。

正直ちょっと「???」という場面もあったけれど、2時間ちょっとポロポロしながら観た。それも戦争がもたらす悲惨な状況を、子どもの立場を中心に描いた映画だったからだろうか。戦争は多くの人をいろいろな形で不幸にするだけという動かざる視点は、様々な歴史を経た現在においては絶対的に必要だと、改めて思った。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

もうすぐオリンピック。北朝鮮の参加を巡っていろいろな意見が出てくるけれど、個人的には以前このブログでも紹介した映画『ハナ 奇跡の46日間』を思い出さずにはいられない(→梅雨明けまであと少し http://freeschool-coral.com/okinawa-diary/?p=2010)。

休戦中(決して終戦はしていない)の両国が手を取り合うというのは、スポーツの世界だからこそ可能なこと。そしてオリンピックという舞台ゆえに、世界中の多くの人達が具体的な平和の姿を感じ、世論を動かす機運になるかもしれないと期待をしています。

最近のこと

先日、近所のお母さんから、「昔からちゃんとした説明を聞いたことがなかったから」と、分数のわり算の授業のリクエスト。一時間弱、子どもさんには「今日はお母さんの勉強」とおっしゃいながら、授業を受けていかれた。

大人を対象にした授業は久しぶりだったので、上手にできたかな??という感じだったけれど、「どうしてひっくり返してかけるの?」という分数のわり算の疑問に納得して帰られたので良かった。

それにしても、大人になっても勉強しようという姿勢に刺激をいただいた一日だった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

最近、テレビ番組で黒塗りメイクのタレントが出てきて世界中から批判を浴びていた。ぼくが小さい頃にはテレビで見ることのあった黒塗りメイクもぱったり見なくなった。これは、タブーになったとかいう視点ではなくて、差別に対する文化的進歩の結果だと今となっては思うのだけれど、なかなかそう思えない人たちもいるよう。

今回のことは、もともと一見アイロニカルな物言いをしているように見せかけて実は何の中身もない軽薄な発言の多い芸人コンビが発端だったので、その後の発言も目にする度にただただ不快な出来事だった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

教員志望の学生と話をしていて、

「社会科の教員なんて余裕ですよ。所詮暗記なんですから」と言い出したので、
「それでいいんかよ…」となったことがある。

ただ、テストを念頭に置いて進められる授業だけを受け続けてきたらこの様に思うだろうし、実際中高生の多くは“社会科は暗記科目”と捉えているのが現実。この考え方から脱するのに必要なことは、学問としての歴史や地理などに触れることなのだろうけど、そういう時間を過ごすことなく大学まで卒業してしまうこともあるのかもな…と思った。これが、その後の生き方を決める一つの要因になるというのは、決して大袈裟ではないと思うのだけど。。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

差別については、

『独裁者の部屋』→http://freeschool-coral.com/okinawa-diary/?p=1582


再考→http://freeschool-coral.com/okinawa-diary/?p=1590

など、このブログではちょくちょく取り上げてきたけど、最近は問題になる出来事が多すぎる気がする。

今まで生きてきた中で何となく見過ごしていたことも、ふと気が付いたときに少し調べてみるだけで様々な情報に触れることができるようにはなった。心重くなるプロセスを踏むことになるかもしれないけれど、他者の時間に接近することができると思ってその都度一つ一つ歴史を紐解いていかなければ、と。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

今日、社会科を学ぶ第一の理由を“自国に誇りを持つため”とし、この目的を最優先させるためには手段を選ばないような流れがある。この流れの人たちは、目についた気に入らない事柄に関して反射的に意見してくるのだけど、この反論は理屈を述べているように見せようとしてはいるものの、冷静に考えてみると周辺の出来事との整合性も持ちえず学問としての検証にも耐えない。そして、あろうことか民族蔑視を伴うことが多いのでそもそも理屈というテーブルに乗せる以前の問題であることが多い。ただ、根底に流れる“私たちはスゴイ”というこの一点に魅かれる人も一定数いるようで、この国の教育において無視できない流れになってしまっている。

自分の故郷に愛着を持つことは大事なことだけれど、それは誰かに“教え込まれる”ものではない。ましてや、世界がこれだけ繋がった今日において、学問としても倫理としても正当性を持ちえないものに拠って、若い世代を育てようなんてことは決してあってはならない。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ちょっと調べ物をしている中で、母校の学校紹介を見た。

雑な感想で怒られそうだけれど、一言「何だか、あぁ良かったな」と思った。

ホームページの学校紹介に載っている地理歴史の教育目標を一部引用↓

グローバル化の進展により、宗教対立・民族紛争・経済格差・環境破壊など世界各地で生じる様々な問題の影響は、広域化・複雑化の様相を呈しています。こうした諸課題を解決するには、他地域の自然・社会環境の特色や多様性、そして地域どうしの関係性に対する理解が欠かせません。また、現代は過去への関心が薄れ、現在への浅い関心のみが過剰になった時代であるといわれます。しかしながら、私たちが住む現代日本だけを見ていても、課題の発見や解決には結びつきません。歴史の鏡に照らせば、私たちが当然と思うことがじつは当然ではなく、絶対と思いこみがちな常識や価値を相対化するための足場を構築してこそ、現代の日本や世界のことがほんとうに見えてくるのです。
(早稲田大学高等学院ホームページ > 教育 > 教育内容・教育目標 > 教科別目標 > 地理歴史 →https://www.waseda.jp/school/shs/education/policy/

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

高校の先生が言っていたメッセージの一つに「“良書”を読みなさい」ということがあった。最近、本屋に行くと頭の中を反芻する言葉。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

何歳になっても勉強する姿勢というのは、人生を豊かにするために必須に違いない。勉強をするという行動自体にはいろいろな形はあるのだろうけど、何よりもはその姿勢を維持し続けることが、大切な何かに出会う機会を広げていくのだと思うのです。

20180103_173128

今年もよろしくお願いいたします

20180102_072706

今年もスタートしました。今日からお勉強も始まっています…というわけではなくて、地図のゲームに勉強の計画づくり。少しずつ進めていきましょう。

お正月には早速いつものネコたちにも挨拶へ…。いつもと変わらぬ風景のはずだけど、なんだか朗らかな感じも。

20180101_104602

今年も楽しい学びを探しながら、コーラルとしてできることを一歩一歩進めていこうと思っています。
お近くにいらっしゃることがありましたら、ぜひお立ち寄りください。