ちょっとした同窓会

教え子が来沖。一緒にあちこち観光する時間はなかったのだけど、いつもお世話になっている方と沖縄で生活している教え子も合流し、キッチンで同窓会のような食事会。のんびり楽しい時間を過ごしました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

不登校について文章を書くことがめっきりなくなった。今まで一緒に過ごしてきた子どもは、基本的に学校に通わずにこちらに通ってきていたので、みんな“不登校”という言葉に当てはまる。世間一般には。

けど、一緒に勉強し、あちこちへ旅行をし、料理をして食べ、映画を見て、笑ったり泣いたりしていると、学校に行っているとか行っていないとかいう問題は、いつのまにかどこかにいってしまっていて。あぁ学校に行ってないんだったな…と実感するのは在籍校と連絡をするときくらいだった。

だから、今でも巷で目にする「不登校だっていいじゃないか!」みたいに啓蒙する話からは、自然と二歩三歩進んだ集団になっていたんだろうなぁと思ったり。不登校云々はもちろん、例えば法律が変わったとか、学習指導要領がどうとか、入試の制度がどうとかでいちいち右往左往せず、教育や学力、子どもの成長について本質的に向かい合い、また、哲学として考え、具体的に行動することが、みんなの基本になっていたから。もちろん、子どもも含めて。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

今年の7月にフリースクールの皆さんと過ごした後の保護者の方との食事の席に、沖縄で働いている教え子も同席していたのだけど、
「こうやって卒業生が社会に出ている姿を見て安心した」というようなことをおっしゃっていた。

普段と同じように横にいる教え子の姿も、“不登校一年生”とその家族の方々には訴えかけるものがあるんだった…とふと思い、自分達にとって当たり前のことも改めて発信する意味はあるのかなぁと思ったりもしたのでした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

キッチンでの食事会の後は、栄町のそば屋に移動して泡盛片手にのんびりフリースクールの思い出話。あんなことあったね、こんなことあったねと話しているのは15年くらい前一緒に過ごしたフリースクール時代のこと。エピソードが出てきては大笑いが絶えないひと時。楽しかったなぁ。

ただ、そんな思い出話も、世間から見れば“不登校時代”の話。もちろん、本人たちも渦中にあるときには吹っ切れきれないものもあったろうことは当時も感じたこと。けど、今この時には、楽しかったという共通認識の下、同じ記憶を同じ様にアハハと笑いあっていて。あぁ自分も同じ時間を過ごせてよかったなぁと改めて。

いかなる状況に置かれていても素敵な時間を過ごしたのならば、長い時間を経ても大切な記憶になるものなんだな、と。その上で、次へのエネルギーとか底力っていうのは、そういうところから生まれるのかもと、目の前にいる若者たちを見ながら、そして何より自分を振り返ってそう思ったのでした。

20171017_210712

最近のこと

小数の割り算を勉強中。割り算の勉強といっても、しつこいくらいに確認しているのは、

(1あたり量)×(いくつ分)=(全体の量)

というかけ算の構造です。これをいかに視覚的に整理していくのかが、小数や分数のかけ算・割り算のポイント。

20171002_174046

この構造を理解しておくことは、今後勉強する比例、関数の理解にも大きく関わってきます。教える側も先をしっかりと見据えながら。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

日中のバイトを続けている。

ちょうど連休に一緒に働くことになった学生の子と、
「せっかくの連休なのにバイトだもんね。なんだか国際通りにミッキーマウスが来てて人がすごいらしいよ。お祭り行ったりしないん?」なんて話していたら、
「あぁ。でも稼がないとなんですよ」
「バイト代、貯めてるん?」
「いや、学費が高いんですぐなくなっちゃうんです」
「あぁ、そういうことなんか…」

もう一人いた学生の子にも聞いてみたら、
「春までに学費を自分で貯めないといけないから」
「学校の友達にも同じ感じの子、多いん?」と聞いてみると、
「うーん、わからないナァ…」らしいけど。。。

二人とも夜中までの勤務が続くのだけど、途中の休憩時間には隣のファストフード店で「勉強しないと。遅れちゃうから」とのことだった。

普段一緒に働いている同僚のお母さん方が、家計と保育園のことなどのために想像のはるか上を行く兼業激務ぶりだったことは以前書いたけれど、若い子もまた必死に、だけど健気に日々を過ごしているだなぁと思い、胸の奥が詰まった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

なんだか急に選挙になった。ぼくが今までで良かったと思った政策は、子ども手当と高校無償化。ちょうどあの時に高校入学を果した教え子がいたので、社会が一歩成長したんだなぁと思っていたのだけど、気が付いたら世間は「財源がない」の大合唱に。自分で検証することもなく「財源がない」という言葉を発する人が身近な人にも増えてきて、先行き不安になったのをはっきりと覚えている。

まぁその「財源」のスキャンダルが今回の選挙の発端になったと言っていいと思うけれど、報道に出てくる金額を見る度に、みんな幾らを稼ぐためにどれだけ必死になっているか分かっているのか??と言いたくなる。

同僚の学生の話は、決して美しい話として書いたのではない。自分の将来や自分の子どものために懸命に生きている本人たちの姿はとても素敵だけど、そういう生き方を強いている社会状況は極めて醜悪だということから目を逸らしてはいけないと思う。これは、あくまで社会の仕組みとして不備があり、決して家庭の責任でも、もちろん本人たちの責任でもないという認識が出発点だ。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

学生二人の目指している職業は、人を助け、社会になくてはならない類のもの。彼女達が置かれている環境からはこの国の先行きに暗雲が立ち込めているように感じるけど、その中でもしっかりと自分で歩いている若者二人を見ていて一筋の光を見た気もする。

そして、ぼくも負けてられないな、と。

20171009_155118

雑感~映画の感想話

毎週木曜日にDVDを借りに行くサイクルが続いている。一本50円で借りられるというのは、テレビをほとんど見なくなったぼくからするととても魅力的で。最近観た中では韓国映画の『JSA』が良かったかな。ちょっと前の作品だけど、こういう映画が作られ、ヒットする社会であることはとても大切だと思ったり。

そういや去年の暮れに『この世界の片隅に』を観に行ってから映画館には行っていないなぁと、最近レンタル店で並んでいるパッケージを見ながらふと思う。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

『この世界の片隅に』を映画館に観に行った話は以前書いた(→雑感~映画からあれこれ)。この記事を書いた後に『この世界の片隅に』の原作漫画を買ったのだけど、原作の中における一番大きなテーマが映画の中ではスッポリを抜けてしまっているように思えてしまった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

もう15年くらい前になるけど、子どもと接する仕事に就いて、やっぱり行っておかなければと青春18切符で広島と長崎を回ってきた。そして、これまたやっぱり子どもを連れて行かなければと翌年に同じコースをみんなで行くことに。それもこれも、埼玉で育った自分が、学校生活などの中で広島・長崎・沖縄に行く機会がなかったことが根底にある。これは、広島・長崎・沖縄に対して教育としてどう向き合うかということを顕著に表していると思うし、今でも腑に落ちないところだ。

今となっては「刺激が強い」という理由で資料館の様々な展示が撤去されるとかされないとか言われているみたいだけど、みんなで行った時にはちょうど8月6日に広島に着いたので、特設の写真展も行われていて。大人のぼくが見ても血の気が引くような写真の数々を「一緒に見る」という小学生も連れて見て回ったのでした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

広島原爆資料館を訪れて初めて知ったのは、“建物疎開”という言葉。天気のいい中、多くの学生とかが建物疎開の作業を屋外で行っていたため、被害をもろに受けたという。(『この世界の片隅に』にも建物疎開の影響を受けて生活が変わってしまった義理のお姉さんが出てきた)

そして、印象的だったのが、原爆が落とされた後、同じ場所を移し続けた航空写真。投下後、数日経つと道路の隅に遺体が並べられていくのが見て取れるようになる。埋葬というのは、風習は違えど世界各地に存在することからも分かるように、人間という生き物の知的行動・文明行動のうちの一つ。原爆が投下され地獄のような状態が続いているということを再確認しながら思うと、この写真が意味することに思わず唸ってしまった。

一方、長崎原爆資料館では、原爆投下後、日本人の遺体は運ばれていく中、朝鮮人の遺体は放置され続けカラスについばまれていたというエピソードに触れる。あんな悲惨なことが起きていた最中でもこんな風に差別が残るのかと愕然としたという記憶の展示だった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

そんなこと思い出しながら、『この世界の片隅に』の原作漫画を読んだ。そして、冒頭の感想を今でも持っている。

歴史や民族、人権に関して耳を疑うような発言がいろいろなメディアで飛び交っているけど、そういう思考の人たちがいるということより、その発言を断罪できない社会になっていることの方が浮き彫りにされていて何とも暗澹たる思いになってしまう。そんな状況を改善し、社会を一歩成熟させた方向へ向かわすためのテーマが、『この世界の片隅に』の原作漫画には組み込まれていた。もちろん映画のみを作品として観れば、今までの戦争アニメとは違う視点だし、近年の愛国映画とは比べ物にならないくらい良いのだけど、わざわざ手を加えた内容が近年の歴史修正主義と呼ばれるものと重なる部分であることや、それらを含めて世界に向けて発信されていることなどから何とも残念な気持ちというのが正直なところです。