初めての定期テスト

中学生になって初めての定期テストも無事に終了。「小学校のテストと違うの?」というところからのスタートだったけれど、テスト勉強もしっかりやっていました。かく言うコーラルとしても地域の公立中学校以外の定期テストが初めてだったので、どんな感じなのかな??というのは同じでした。

結果、数学は目安にしていた90点以上は取れていたので、「おぉ!頑張ったね!」と一安心。
他の教科もしっかり回答できていたようで良かった!

一緒に復習をしていると、
「次はもうちょっと取りたいなぁ」

良い流れができてきそうだねー。

20170623_174755

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

先日は、お世話になっている方のお宅にお呼ばれ。素敵な食事を用意していただいて、いろいろお話。

この方は語学の研究者なのだけど、英語教育のことなどで意見交換。今となっては当たり前となった小学校での英語の授業。これは果たして効果があるのかなど、ちょうど小学生から中学生になったばかりの子がいるので疑問に思っていたことをお聞きしたり。

“日本の英語教育は話せるようにならない”という認識は昔からある。小さい頃から英語に耳を慣らせて発音を…なんていうのもあちこちで目にする。ただ、「英語を話さなきゃいけない環境に行ったらあっという間に身につくようなことを、日本語生活の中で非効率的に行っている」というのがこの方に話してもらった内容だった。そもそも実生活に必要性のないことを、“身につける”という名目の下に行うことに無理があるのかも。では、実生活に必要になったらどうするんだと言ったら、その時には文法が一番心強いのかもしれない。

個人的に気になっているのは、“英語を話す”=“発音の良さ”という風に捉えられることが多いこと。けど、外国人に片言の日本語で話しかけられたときに、発音をどうこうなんて気にするだろうか。それよりも、何を話そうとしているのか一生懸命耳を傾けるのではないだろうか。逆の立場になったとき、もしも、ネイティブに近い発音で話すべきという意識が、そもそも話すことを躊躇させてしまっているようなことがあったなら本末転倒だと思う。

ちょっと前に話題になったのが、中学生がサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドに、ポルトガル語でインタビューした時のこと。たどたどしいポルトガル語ながらも一生懸命クリスティアーノ・ロナウドにインタビューしているのを、会場にいた日本人の大人たちがせせら笑った。それを見たクリスティアーノ・ロナウドは、「なんで皆笑うんだ。彼のポルトガル語は素晴らしいじゃないか」と一括したのだった。

ちなみに、先述の方は、「海外において、あれはヘイトと捉えられてもおかしくない」とおっしゃっていた。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

沖縄は梅雨が明けました。暑いのは辛いけれど、それがよくて沖縄に越してきたということもあるので、これから半年くらい楽しみです。

さっそく日に焼けてしまいました。

1498209601332

梅雨明けまであと少し

最近はずっと分数の割り算を続けているので、「宿題、多いよぉ」というのも相まって食傷気味。

そんなで久しぶりに空いた時間で「何かするかぁ」と。これまた久しぶりにカルタだなんだとしまってあるおもちゃの棚をガチャガチャ…。

取り出してきたのは、おはじき。
「おはじきでいいん?」
「そう」

20170612_174746

しかもビニールのテーブルクロスを敷いたまま…。
「いいの、いいの!」

確かに楽しそう。。。

20170612_175050

梅雨空もそろそろ終わりかなぁと思っていたけれど、まだ少しざっと降ることもありそうです。夏に向けて、のんびり過ごしています。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ちょくちょく青空がのぞくこともあったので、今年初めての海遊び。水中で写真が撮れるようになったので、試してきた。

いつもの景色もちょっと違って見えたり。

20170608_112414

気になっていたのは、去年泳ぎに行くたびにいつも同じところにいたイソギンチャクとクマノミ。両方とも子どもの代になって同じ場所にいました。どんどん大きくなるといいなと。

ちょっと寒かったので、1時間くらいで「唇、青くなってきてるよ」なんて言われる始末でした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ニュースとか見ないといけないと思うけど、もうほんとに何とも見るに堪えない…。そんなで最近も映画ばっかり。

この前見たのは、『ハナ 奇跡の46日間』。

そういや、小さいときに朝鮮半島統一の旗を見たなぁと思い出した。今この年になって改めて考えてみると、何ともじんわりとくるものが。

これは、DVD買おうかなぁ。

雑感~最近のニュースから

もうずっと前のことになるけれど、不登校の現状を調査していた文科省のキャリアの人が、僕の勤めていたフリースクールにやって来たことがあった。そして、さらにそれだけではなくて、そのフリースクールの主催する勉強合宿にも参加してくれた。合宿の参加者の多くは教員だったので、お上に対して不満が渦巻いている状況下、針のむしろになるというのは恐らく想像されていたのだとは思うのだけれど。

合宿の中では一問一答のような時間を設けた。文科省に対する不満も含めた質問の数々に対して、決してはぐらかしたりせず真正面から答えていたのがとても印象的で、ともすれば質問者よりも質問の意味を理解しているのではないだろうかと思うほどの回答だった。

質問の流れからフリースクールへの経済支援などの話も出た。それまでも憲法の基本的人権などを軸に持論を述べる人にはたくさん出会っていたけれど、制度の具体的な根拠として日本国憲法を挙げ、説明を展開された経験は初めてのことで、憲法って生きているだ…と強烈な印象を受けたことをはっきりと覚えている。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

最近話題の文科省前次官を見ていて、そんなことを思い出した。前次官は不登校ではなくて貧困に焦点を当てて行動しているようだけど、その行動や受け答えがなんだか重なって見えたり。上述の方も、結局は文科省を離れた。けど、その後も不登校の制度改革に関わっているようで、ちょくちょくお名前を目にする。正直今の方向性は僕の考えとは違うと思われる(関わってらっしゃる団体から想像するに)のだけど、話を聞く機会があれば考えを聴いてみたいと思う。あの時のようにしっかりと説明してくれるはずだから。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

先日、子どもの貧困の特番が流れていた。番組としては、子どもの教育を家庭のみが支えるのではなく、もっと国が支えるべきという流れに話を持っていってるように見えたけれど、現状は全く逆だ。“逆”というのは“逆の流れ”で、この流れは確実に加速している。

この国では子どもの教育に不備が出る家庭の状況は、あくまでその家庭に原因があるという考えが根強い。その状況に陥ったのは、その家庭の責任なのだからと。ともすれば、親を恨みなさいとでも言い出しかねない人も珍しくなかったり。これは、現代の日本社会はあらゆる機会が全員に対して平等に与えられているという意識が根底にある。まさにこの機会が子どもにとってはどうにもならない原因で有無を言わさず取り上げられているという現状を問題としているはずなのだけど、なぜだかそこがうまくかみ合わなく、焦点が定まらないまま結果として上記の“逆の流れ”を助長しているように思える。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

子どもの貧困の問題は、沖縄でもここ最近ずっと主要な課題の一つになっている。一年くらい前、子ども食堂が話題になったときに記事を書いた(→『“子ども食堂”をめぐって』)けれど、その後これまでの間いろんな話を耳にすることもあって、スペースによっては存在自体になんとも危うさを感じたことがあったりもする。ただ、それも個人の善意の上に固定スペースを成り立たせているが故の限界なのかとも。そもそも子どもにとっては自由に出入りできるところだから、継続して通っている子にとっては有意義なのには違いないということを重視するべきか。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

話は少し逸れるかもしれないけれど、ぼくのアルバイトの同僚の人たちは働き方が尋常じゃなくて、話を聞いて「そんなに働いてるの!?」と結構ショックだった。みんな仕事はテキパキするし一生懸命なのだけど、保育園の状況とかを聞けば聞くほど大変そうで、あっちへこっちへと忙しそうにしている姿を見ていると、沖縄の女の人は働き者サァ…で済ませちゃいけない現状が確かにあると思ってしまう。

思っている以上に多く人が、思っている以上に大変な生活を受け入れざるを得なくなっているということは、やっぱり社会のシステムに不備があると考えるしかない。まぁ、ぼくも一緒に働いているのだから、渦中の人そのものなのだけど。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

久しぶりに映画『赤ひげ』を観た。大好きな映画の一つで何度も観たことがあるけれど、やっぱりポロポロしてしまった。

20170608_183240

江戸時代という設定の下、医者という立場から貧困に向き合っている“赤ひげ”こと新出先生の、次の台詞が印象的だった。

“現在我々にできることは、貧困と無知に対する戦いだ。それによって医術の不足を補うほかはない。それは政治の問題だと言うだろう。誰でもそう言って済ましている。だが、これまでかつて政治が貧困と無知に対して何かしたことがあるか。人間を貧困と無知のままにしておいてはならんという法令が一度でも出たことがあるか”