放課後教室の一コマと映画『人間の壁』

小数の割り算も一通りおしまい。計算作業を色分けしながら確認するように言ってきたけれど、
「もう大丈夫だから、色分けしなくていいでしょ?」というくらいに。

最後は、循環小数のお話。
「1/7+6/7=??」
「1でしょ」

小数と分数の関係を確認してから、
「じゃぁ、1÷7の答えと6÷7の答えを足してみようね」

「あ、これはメンドクサクなりそう…」
ノートに書かれたひっ算の準備には、心構えが見て取れます。。。

20170424_174001

最後に、出てきた答えを足してみると、
「すごい!9だらけ!!」

20170424_174725

小数の計算をもう一度おさらいしたら、分数のかけ算・わり算へ!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

普段の話の中で、
「糸電話、やったことあるけど、糸が短すぎて直接聞こえちゃった」なんて言っていたので、
「じゃぁ、今度やろう」ということに。

約束していた日は、いつもより早めにコーラルに来てソワソワ…。
「あれ、今日やるんだよね?糸電話」
なんだか、こういう姿を見るだけで、こっちの楽しみも倍増です。

準備したのは、普通の糸、毛糸、ビニールひも。
「どれが一番聞こえると思う?」と、予想を立てるところから。

20170426_173420

「毛糸はダメそうだな…。ほら、フサフサしてるから。声が逃げそう」
予想にはいろんな発想が出てきて面白い!そんな風に話しながら、糸電話を作っていきます。

20170426_174036

出来上がったら早速実験!コーラルの端から端までの長さの糸電話。やっぱり最初の一言は、
「もしもし…」

一番聞こえたのは、予想通りに普通の糸。よく聞こえるためには、糸をどういう状態にしたらいいのか、話しているときの糸はどうなっているのか…、などなど遊べば遊ぶだけ発見はたくさん。

おまけの実験には、間に輪ゴムやバネを挟んでみたり…

20170426_175613

途中に三本目の糸を繋げたり…

20170426_180121

「今日は何の日ですか?」
「え?普通の地味な日です」
「今日は私の誕生日です」
「本当ですか?」
「本当です」
「おめでとうございます」

糸電話のコソコソ話でお祝いでした!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

定休日にレンタルDVDを借りに行くと半額だということで(定価でも100円だけど…)、テレビをほとんど見なくなったことも相まって、ぼんやり映画を見ている時間が増えた。なんでもいいからと借りていたけれど、最近はなかなか良い映画に出会わないなぁというのが続いたので、以前譲っていただいたビデオの中から『人間の壁』を。

20170425_205841

とても良かった。
学校と政治、組合という大人同士の軋轢と、子ども一人一人と教員個人との関わりが、丁寧に描かれていた。この映画をちょっとネットで調べれば、日教組のカンパで製作されたという情報も出てくるけれど、組合側のモラルを問うということも話の大きな柱の一つ。また、教員を締め付けるという政治の流れは、実際には岸内閣下のもの。映画中、大人同士の間で飛び交う言葉や思惑は、「あぁ今でも同じだな…」とパッと具体的に思い浮かぶくらいウンザリしているものとあまりにも酷似していて、そのこと自体が更に大きな溜め息に。

けど、教員が一人の人間としてどういう風に子どもに向き合いたいと思っているのか…という視点が、ぼくが今までお世話になった先生を思い起こさせたり。劇中、トラブルの渦中に置かれた教員が、「あぁ、これだったら辞めてもいいって思っちゃうかもな…」と観ていながら思った場面を目にした後に大泣きしていて、一緒に「うぅぅ…」となってしまいました。子どもが関わってくるシーンがこういう風に思わせるというのは、実際の現場でも同じなのかもなぁと。

機会があったらぜひ観てみてください…と言いたいけれど、なかなか見かけることもない映画だと思うので、ご興味のある方はご連絡を。ぜひ共有しましょう。

20170425_220716

放課後教室あれこれ~小数の割り算、正負の数、他にもいろいろ

毎日せかせかと暮らしていたら、いつの間にかキッチンがオープン3周年を迎えていました。よくまぁここまで続いたなと我ながら驚いていますが、これも贔屓にして下さる皆さん、応援してくださる皆さんがいらっしゃるからに他なりません。本当にありがとうございます。

現在は、他の仕事との調整上、週末だけの営業になっています。仕込みも週末に売り切れる分だけに限っているので、日曜には売り切れ早じまいのこともありますので、ご来店の際にはお電話でご確認ください。

もともとは、フリースクールなどで関わった子達が、働きたいとかお店をやってみたいということがあるかもしれないということで始めたキッチン。今後も、細々とではありますが教育現場の可能性の一つとして継続していきたいと思っています。お近くにいらっしゃる際には、ぜひお立ち寄りください!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

さて。放課後教室です。
なかなか普段の様子を更新できないでいたので、ここ数カ月分をまとめてのアップです。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

小数で割る計算に入りました。
いつものようにまずは自分の方法で答えを出すところから。

1490608204371

(1あたり量)×(いくつ分)=(全体の量)
の確認から入れば、式は立てられる。そのあとは、図を使ってみたりと試行錯誤。

「こんな感じ?」と説明してくれたのは、操作としては大きく前進だけど、
「それだと、何の値が出てきたの?単位は?」
「あ、そうか…」
自分の求めようとしていることの確認。そして、そこまで考えたことを利用して、見事に答えに到着!

自分でどうやって答えを出したのかを確認しながら、計算方法へ結びつけていけば、
「当たり前!できた!」と納得の様子でした。

1490608223933

ここで仕組みをしっかりと確認していけば、1より小さい数で割った時に、商が割られる数よりも大きくなるということもすんなりです。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

中学入学を控えて、徐々に数学の予習も始めています。
まずは、正負の数。今までいろんなゲームで、プラス、マイナスと出てきたから感覚としては分かるみたいだけど、実際に学習として始まるとやっぱりちょっと混乱しやすい様子。例えば、財産と借金を一つの数直線で表わすとどうなるのか…など反対言葉を一つの数直線に統一するところから。

正負の数の計算のポイントの一つは、掛け算における符号の変化。「どうしてマイナス×マイナスはプラスなの?」というのは、数学を勉強し始めて最初におとずれる大きな疑問と言ってもいいかも。

そんなで、まずは
“一定の速さで上下する気球に乗っていて、○分後に自分は現時点と比べて何処にいるのか”という場面設定を、プラスとマイナスを使いながら考えていきます。

20170306_173922

新生活と共に新しい勉強が始まるというのは、なかなか大変。少しでも気持ちに余裕を持たせながらスタートできたら!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

毎日忙しそうに働いているコーラル一期生。休みができたと寄ってくれました。
「あー!遊ぼう!!」と、いきなり。
まずは一緒にお勉強…。

20170328_164404

そのあとは、沖縄、埼玉、栃木、群馬の郷土かるたを混ぜてのカルタ!
「こんなにあると大変!」
一番大変なのは、読み手です…。

20170328_171330

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「何これ、気持ち悪い…」
観葉植物からニョキニョキ伸びてきたつぼみ。調べてみても何だかよく解らなかったけれど、花が開いてその形からやっと判明。数年に一度咲くとか、十数年に一度咲くとか言う幸福の木の花でした。

夜になると花が咲き、いい匂いでいっぱいに。

20170331_203206

2年前には、サンセビリアも花を咲かせていい匂いをさせていました。次に咲くのはいつかな。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

こちらは、新しく仲間になったつつじ。一緒に鉢に植えました。
「これ、何ていうの?」
「つつじだよ。聞いたことない?」
沖縄では北部の東村を中心につつじが有名です。

「じゃぁ、名前つける?」
「名前?つけていいの?んー…、ツーツー!!」
名付け親になりました!

20170403_170357

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

クラスを併設できるようにとキッチンの備品を整理して、机を導入。

お座敷での放課後教室はあまり学校っぽくない感じで勉強ができていいなぁと思っていたけれど、みんなはこういうスタイルの方がいいのかな??今のところ大人気の机スペースです。

20170403_185059

放課後教室は個別指導が中心で大人数の受け入れは出来ないのですが、曜日と時間の調整をしながら生徒の募集をしています。興味のある方がいらしたら、ぜひご紹介ください!

手打ちうどん作り!

先日、春休みの時間を使って手打ちうどん作りに来てくれました。
総勢7名の参加で賑やか!!

みんなしっかりしているので、作業はとってもスムーズ。

IMG_4369 - コピー

中学生の会話は面白いやら、懐かしいやら…。

IMG_4370

「うどんの生地は踏むと美味しくなるから、10回踏もうね!」
と言われれば、素直に一生懸命踏んでいます。

IMG_4372

生地をのばしてうどんらしい姿になってくれば、あと少し!

IMG_4375

丁寧な仕事ぶりがそのまま表れて、「きれい!滑らか!!」という最高の出来!味ももちろん絶品です!!準備しておいた、つけ汁も好評だったので良かった~。

IMG_4378

お土産付きの、手打ちうどん作りでした!またみんなで遊びに来てね!!