沖縄で一番広いのは?~面積の導入

まずは、全員参加のゲームでスタート。
「沖縄県の市町村を知ってるだけ挙げてみて」
那覇市、浦添市、名護市、西原町、南風原町…
「他には?島もあるでしょ?」
「あっ!そうか!」
宮古島市に石垣市…

「じゃぁ、じゃんけんで勝った順に広いと思う所を取りっこね」と、陣取りゲーム。
「人口は関係ないんだよね?」
「そう。広さだけ」
「じゃぁ、那覇は狭そうだな…」

1487058543790

一通りゲームをしたあと、本題の算数の授業へ。みんながそれぞれ最初に選択した宜野湾市、名護市、国頭村の広さを地図を使って比べることに。どんな風に比べたらいいのかを自由に考えます。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

導入に何を取り上げようかちょっと悩んだけど、地理に関連するゲームはいろいろと経験してきているので、地図を使うことに。その中で、見慣れているメルカトル図法の世界地図だと実際の面積との違いが大きい。地図ゲームでみんなが慣れている都道府県を取り上げてもいいかなとも思ったけれど、より緯度の差が小さい沖縄を題材とすることにした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

1487058566272

まず、見た目で圧倒的に狭いのが宜野湾市。ゲームで選んでしまった本人なので、
「あ、負けた…」なんて。

「じゃぁ、宜野湾市が一番狭いということを小さい子に説明するとしたら、どうやって説明する?」
「重ねてみるとわかるんじゃない?」
「重ねる!広さを重ねて比べるって、たとえば、この折り紙だったらどういう説明になる?」
準備しておいた、3つの大きさの折り紙を使って説明してもらいます。

「重なるところはちゃんと重ねて、はみ出てくるところがあると、それだけ大きいことになる…」と、丁寧な説明!
確かに、宜野湾市は、名護市、国頭村それぞれの中にすっぽり収まってしまいそうだね。

1487058580503

「じゃぁ、残った国頭村と名護市はどっちが広い?同じくらいの広さだねぇ」
「地図、切ってもいいの?」
もちろん。他にも必要なものがあったら言ってね。

1487058593292

切り出した国頭村と名護市の地図…。
そして、定規と紙を持ち出して、それぞれの地図がきっちり収まる長方形を作り出し始めました。ぼくは黙って見てるだけ…。

1487058645595

「できた!名護市の方が広い!」
「理由は?」
「今、それぞれの地図が入る紙を作ったから、これを“部屋”だと考えて、どっちの部屋の方が広いのかを重ねて調べてみた。で、名護の方が広い!」
「そう!名護市の方が広いので正解!けど、この方法で、何か気になるところはない?」
「“部屋”の中に余計なところもあるのが気になる」

今回の教材が地図だから、比べる形はデコボコしている。それを比べやすいように、それぞれの大きさに近い長方形に置き換えたのは素晴らしい工夫。

けど、地図がピッタリ収まる長方形だったとしても、やっぱり隙間がたくさんできることに。

「うーん。どうしよう」
「何を使ってもいいよ」
目の前には、国語のノート。マス目に地図を乗せてみます。
「マスが1,2,3…」
地図が乗っているマスを数えていくと、もう少し細かく比べられそうだね。

1487058653516

そして最後に、広さ、面積の単位の紹介。新しい単位は何とも新鮮な様子。そのあと、テキストの問題にもチャレンジしてみました。
「面積って、面白いかも!!」って。良かった!

1487058681806

次の授業は、点→直線→面への広がりからです。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

数週間前に、分数の引き算を教えながら「次は面積だなぁ」とぼくが言ったのを聞いてから、「面積って、どんな?」「面積ってなんか難しそうだなぁ」「先に調べてみようかな」なんて、毎回呟いてたね。

新しいことを勉強するということを、こんなにも楽しみにしてるというのがひしひしと伝わってきて、身が引き締まる思い。素敵な発想も見られたし、何より楽しく授業は進んだので一安心だけど、より良い授業のためにもう一度振り返って改善点を考察中です。

動く授業~楽器を作ろう!→フォルクローレ→植民地の話へ…

久しぶりに工夫の課題を。
まずは、
「知ってる楽器!」
と、思い付くだけ挙げてもらいます。
ピアノにギター、太鼓に鉄琴、バイオリン…。それはそれは次々と。

「じゃぁ、これを仲間分けしてみようね」
弦楽器、管楽器、打楽器と整理。そして、もっと大きく音階のあるものとないものに。

「じゃぁ、今日の宿題は、楽器を作ってくること!」
「なんでもいいの?」
「なんでもいいけど、音階がいくつかあるものね」

ギターやリコーダーの造りを一緒に確認。音階を変えるときに、楽器をどんな風に操作するのかな?

さてさて、どんな楽器が出来上がるのか楽しみ!

1487058414580

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「ほら、作ってきたよ!」と笛の音。
楽器作りの宿題は一週間の期限だったけど、早速やってきました!

1487058430466

「お!それは!サンポーニャ!」
「サンポーニャ?」
「あれ?知らない??」

一緒にフォルクローレの映像を見てみます。

1487058444854

「これ、日本?」
「そう。東京のいろんなところでは、路上演奏していたんだけどなぁ」というと、
「あれ?さっき、おじさんが演奏してたよ。久茂地で」
「!!」
これは、何かの機会に目にすることがあるかもしれないね。

そのあとは、服装、独特な楽器、見たことのある楽器などから、文化を探ってみたり。有名な『コンドルは飛んでいく』を聞いてみると、いろんな説明も一緒に流れてきます。(インターネットのこういう即効性はホント便利)

1487058458568

そこから、インカ帝国の遺跡とスペインの侵略、南米の言語、はたまた母を訪ねて三千里…。最後は、沖縄から南米への移民の話まで。
「あ、この前学校にきた!ウチナーンチュ大会の人!」
こんなきっかけで、また一つ繋がりました。

おまけに、フォルクローレの音階から、琉球の音階の話へ。実際にピアノで弾いてみると「沖縄っぽい!」

1487058499574

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

前回の授業で、『コンドルは飛んでいく』の映像と共に流れた歴史の説明。その中で、植民地時代のペルーの反乱を率いたコンドルカンキの話も。「こんな人、いたの?」と興味があったようなので、今回も続けてお話。コンドルカンキのエピソードの紹介をしながら、植民地の話へ。

1487058508027

「そもそも、どうして植民地なんて作るの?侵略する方からすると、どんなことが目的なんだと思う?」
「土地でしょ。領土が広くなる。あ、あと資源かな?」
「土地、資源、あと何かあるかな??」
「うーん…文化?」
「植民地の文化を自分のものにするっていうこと?」
「うーん…」
クスコの映像を思い出します。カミソリが入る隙すらないくらいに精巧に積み上げられた石垣は残されているものの、その上にあったであろう建物は破壊されて、侵略者の文化の建物が建てられていったって書いてあったね。どちらかというと、自分達の文化は奪われ、侵略者の文化を押しつけられることの方が多いんだね。

「他にも植民地ってあったんだけど、例えば侵略していって資源は手に入れたけど、誰がそれを採掘する?」
「あ、労働力ってこと?」
「そうだね。元々住んでいた人達が酷い条件で働かされるんだね。それに、どういう人が働かされるんだと思う?」
「大人、男の人」
「それだけ?」

ここから児童労働の話へ。子どもが仕事をさせられる、「え?それじゃ、勉強とかできないじゃん!」という状況になっていく。だけど、原住民がそんなふうに虐げられれば虐げられるほど、侵略している方の生活はどんどん豊かになっていく。特に教育に関しては、支配する側と支配される側とで完全なる逆転現象が起きるということを“識字率”をキーワードに説明。

「本国の人はすごく良い生活になるんだけど、こういうのって、どう?」
「いいわけない!」
「そうだよね。いいわけない」
というところでおしまい。

楽器を作るという宿題で始まり、植民地の話で着地した授業でした。