放課後教室のひとコマ~文化って何?の話から

「日本とどっか他の国、比べてみようか。何処が思いつく?」
「んー、アメリカかな…」

そんな始まり。まずは、日本とアメリカで違うところ、思いつくままにどんどん挙げてもらいます。
「ほら、アメリカは家の中でも靴を脱がないんだよ」
「学校の掃除もないんだよ」
パッと思いつく内容が面白い。いろいろ見聞きしてきた中で、どういうことが印象的なのかが伝わってくる。

「あ、ほらアメリカ人は大きいよ」
「体格ってこと?でも、アメリカ人と言っても、いろんな人種の人がいるでしょ?」
「白人とか黒人とか?」
「そう。後はほら、昔は“インディアン”って呼んでた人達とか」
「インディアン?って、どういうの??」
「知らない!?どういうのって…。ん~、ほら、『駅馬車』って映画とか…って知らないか…」

ここから、ネイティブアメリカンの話に脱線。コロンブスのこと、いろいろ知ってたね!

「アメリカ大陸発見って言ったって、そこには元々住んでいた人達がいたんだよ」
「え?じゃぁ、白人は後から入ってきたの?インディアンって、もういなくなっちゃったの?」
「いやいや、子孫がいるよ」
「有名人もいる?」
「有名人???ん~、テスタメントってバンドの…って知らないよね…」

この後も、どうしてアメリカに黒人がいるのか、よく知っているリンカーンと最近亡くなったモハメド・アリと絡めながらお話。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

世界の民族衣装を一緒に見てみます。

「あれ、この辺は似てるなぁ」
「こういう服ってことは、暑いのかな?」

いろんな想像がどんどんと。

「ちなみに、日本の場合は何になる?」
「あ、ほら、着物」
「けど、沖縄の民族衣装って、見たことあるでしょ?」
「そういえば、首里城が中国みたいな理由とか、学校で習ったよ」

1466589731647

世界各国の一週間分の食材を撮った写真を見比べてながら、

「あ、またピザ!」
「コーラばっかり!!」
「野菜が多いなぁ」

主食は何かな…とか探しながら見ていると、ほぼ穀物しかない写真。

「あれ?少ない」
「あ、ほら、ここに“難民”って書いてあるね」
「ほんとだ…」

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

思いがけず、アメリカの歴史についての話への広がりが大きかったので、文化の話はちょっとだけに。また時間ができたら、続きを。“文化”という言葉自体が抽象的なので、具体的にいろんなことを追っていこうね。

今回は人権に関わるような話が多かったけど、長い長い歴史の中で、膨大な数の人たちがその時々の不条理や困難に立ち向かってきた結果として、人権などの考えを現在では一人ひとりが当然のように手にすることができているということは素晴らしく、そして尊い。奴隷や差別の話などをしながら、

「その当時では、当たり前のことだったんだよ」
「なんか、ひどいなぁ。そんなこと、いいの??」

こんな会話になる子どもの感性が、歴史の遺産であり、未来への希望でもあると思います。

先述のようにこのような感性が今日では当然に存在するということは喜ばしいという反面、歴史を振り返った上での気付きがなければ、どこかの誰かに何時しかかすめ取られてしまう危険性もあるのかも。そうならないためにも、大人が大事に守り育むことはもちろん、次の世代が更に育んでいく存在になるべきということを常に心に留めておく必要があると思うのです。

1466589720849

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

そうそう。映画『駅馬車』は高校の時に映画好きの友達との話題に挙がり、インディアンの描き方について「こういう扱いは酷い!」と憤慨した記憶が。

ネイティブアメリカンが出てくる映画では、『ラスト オブ モヒカン』が好きです。

梅雨明けて

先週、天気予報と潮見表をチェックしながら海へ。前日まで曇り空だったせいか、はたまた午前中だったからか、海は貸し切り状態。魚も今までで一番たくさんいるかもというくらいでウキウキ泳いでいたら、初めてウミウシにまで出会えてしまいました。

思わず、他に唯一海にいた親子に声をかけたら、
「???」という感じ。中国からの旅行者でした。

拙い英語で話をしながら、ウミウシを一緒に見たのだけど、
「これは、何ですか??」みたいに聞かれても、何とも説明しようがなく「貝?かな?」ぐらいにしか答えられなかった。珍しい…ということは伝わったみたいだし、とにかく鮮やかなウミウシの姿を一緒に見られたということだけでも良しとしよう。

「それにしても暑い…」と言っていたのだけど、海から上がると、ちょうど梅雨明け宣言でした。

1466568507183

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「年に一度沖縄に行くために、仕事を我慢して頑張っている」なんていう人に出会うことも珍しくなかったり。こうなると生活というか大袈裟に言えば人生における沖縄という土地の位置付けが、現地沖縄の人の理解から大きく離れているみたいで、「そんなに何しに来るの?暑いのに」なんて言われていたりもする。

まぁ、ぼく自身は、気がつけば沖縄に引っ越しているわけで、生活における位置づけではなくて、生活そのものになっているのだけど。。。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「みんな嫌なことも我慢して仕事しているんだよ」

何度かの転職の際に、言われたり、また自ら頭の中に思い浮かべた言葉でもある。毎日やりたいことだけして過ごしているように見えているのかな…と身の振りを思い返したりもした。確かに、大きな意味では「やりたいこと」に向いていることには違いない。もちろん、それに伴ういくつかの“嫌なこと”もあったけれど、まぁ自分の好きでやっていることだからやるしかない…という一点で取り組むことが出来ていたのかな。

ただ、ふと思うのは、あちこちで聞かれる「みんな嫌なことも我慢して仕事しているんだよ」という言葉が、文字通り“嫌なこと”でしかないということが本意だったりもして、おそらくこの意味でぼくに投げかけられたものでもあったと思ったりもする。

嫌なことを我慢しながらお金を稼ぎ、“普通の生活”をする。慎ましい…と言えば聞こえがいいけれど、今のこの国においては、時間に追われ身を削るように働き、そんな風にして稼いだお金で自分と同じ様に時間に追われるように働いている人の時間と労力を買う…。こんなサイクルがどんどん大きくなり、そこに取り込まれる人が日に日に増えていく。まぁ、そのサイクルを生み出している側の人間は、決してその輪に加わらないのだろうけど。震災などの非常事態なら「お互い辛いけど、耐え忍びましょうね…」というのはわかるけど、今日日何だかそれが“普通の生活”に値する当然のことの様に捉えられ、この国の社会の在り方として定着していっているようにも。

本来、どうやったらお互いが自分の思いを叶えることに向かって努力し合えるのかの方が、社会としての目標であるべきだと思うし、ぼくとしては子どもに向き合う立場として「将来の夢」という言葉を使うことがある以上、せめて意識からでも、そうあらなければならないと思ったりもする。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

引っ越してくる前、引率で沖縄に来ていたのは毎年夏休みだったので、今の時期の朝、玄関を出た時に抜けていく風が懐かしい肌の記憶を呼び起こしていく。あぁ、夏だなぁ、という瞬間。

そんな風に車のキーを回し、今年は何回海に行けるかなぁ、と思いながら日々働きに出ています。

1466500243862

放課後教室のひとコマ~角と角度のお話

方眼上に描かれたいくつかの三角形から、“直角を含むのはどれですか?”みたいな問題が出てきたときのこと。

「直角って、どういうこと?」
「んー、どういうって…。あ、端っこ」
「端っこ?」
「紙とかノートとかの」

学校では習ったとのことだけど…。“形”として直角を説明されると、微妙な差でも“形”という見た目に依って判断するようになってしまうような。そうなると、角を分割し、方眼を利用して…ということにもなかなか行きつかない。

そこで、改めて角と角度のお話。角とは何?のお話を読んでいきます。(今回も、『算数の探検』を使ってのお勉強!)

「∠AOP…」
「エル、エー、オー、ピー…」
「エル?あ、それは“角”!」
見慣れない記号が出てきた!

角を比べるところから、どんなものだったら角を測れるかな??と、オリジナルを作ってみることに。
これはなかなか難しそう。自作の測定器を使って実際に測ってみると、「う~ん…」。

1465550335594

けど、折り紙が得意な子なので、折り紙の折り目から、角を等分していくというイメージが一番しっくりきた様子。

そして、分度器!

1465550328038

もちろん、量として角度のおさらいも。

1465550343049

「一周が360度…。一周するものって言ったら何が思いつく??」
「あ、時計」
「他にも、例えば一日で一周するものって言ったら…」
「地球…??」

あれやこれやお話しつつも、分度器の使い方までは終了です。

映画『みんなの学校』を観て

いつかは観たいと思っていて、このブログでも話題でも挙げたことのあるドキュメンタリー映画『みんなの学校』を観てきた。この映画は大阪の公立小学校に密着したドキュメンタリーなのだけど、自分は子どもと関わる仕事をしているのに子どもが活動している学校の様子を見るのは何時振りだろう…と不思議な気持ちになった。

映画の感想は…というと、う~ん…という感じで、個人的には正直あまり気持ちのいいものではなかったです。詳述は避けるけど、子どもはもちろんのこと、先生までもが、校長の目を気にしているのが伝わってきて、実際多くの場面で、指示を出し、許可を出し、赦しを出すのは校長といった印象で。

一言で言うと、“校長の学校だな”と。

ただ、日本各地に『みんなの学校』をどんどん増やそう!といった感想はよく目につき、そうなると今の他の学校ってどうなっているんだろうと一抹の不安がよぎったりもするわけで。ちなみに、映画に出てくる学校運営はこの校長のキャラクターによって成り立っていると思われ(賛同しているわけではない)、この映画を見て感化された教員が空真似でもし始めたら…と思うと恐ろしい。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

さて。

一点、誤解を招いているのでは?思っていることがあって。

この映画は、「障害のある子もない子も同じ教室に学んでいて、しかも不登校もいない」というような触れ込みがあって、それを“インクルージョン教育”という言葉で解説している記事をチラホラ目にする。

当然のことながら、本来のインクルージョン教育は、文字通り“教育”であり、それは具体的なメソッドを伴うもの。つまり、「一緒にいること自体で学ぶことがある」という機会提供の類の話ではなくて、ましてや居場所としての話でもない。けど、映画中、教員が子どもを廊下に引きずって教室に戻すシーンが続く度に、“同じ教室にいること自体”が目的になっているのか?と思ってしまい、それと共に触れ込みのフレーズが頭の中をよぎっていく。

そんな風に思っているうちに、映画は終わった。インクルージョンの実践を見ることなく。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

※インテグレーションとインクルージョンの説明については諸説ある。ぼくの理解としては、

・インテグレーション(統合教育)というのは、普通学級に特別支援の生徒が通うということ。ただ、就学措置だけに注目し、通うこと自体で「インテグレートされた」と言うこともあって、これではその質について言及できていないという意見もある。

・インクルージョン(包括教育)というのは、障害のあるなしは区切りのない連続性の中に存在するという視点から、全ての子どもを対象とするという前提で教育を行うということ。これを推し進めることは、個人としての教育の質・内容の選択を狭めてしまうのではという意見もある。

という感じになるけど、我ながらまだまだ勉強不足は否めません…。

※“特別なニーズ教育”について世界レベルで話し合われた1994年サマランカ声明の中の「II.国家レベルでの行動指針 B.学校という要因 カリキュラムの柔軟さ」では、

特別なニーズをもつ子どもたちは、通常のものと異なったカリキュラムによってではなくて、通常のカリキュラムの枠内で付加的な指導上の支援を受けるべきである。その指導原理は、すべての子どもたちに、付加的な援助やそれを必要としている子どもたちに支援を準備しながら、(他の子どもたちと、)同じ教育を提供すべきだということである。

とある。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

『障害のある子とない子の交流教育 子どもに学ぶイギリス・インクルージョンへの道』アン・ルイス著 明石書店 という本には、イギリスの普通学校に通う子と特別学校に通う子の交流セッションについての報告が載っている。

例えば、普通学校に通う6歳の子(ピーター)と重度学習困難児の学校に通う8歳の子(ステファン)が二人で、紙袋を使った人形作りをする。作業は、ピーターが布でできた顔のパーツをステファンに渡すという段取りで進められ、

ステファンはそれを人形の顔の上に置いて、目や口の位置を目を細めて観ながら、一番良い場所を探し出そうとして、人形の顔の上をあちこち動かす。やがて、ピーターのひじをつついて、「どう?」と聞き、ピーターがうなずくとステファンがそれをのり付けするのだ。

これは、本の中のほんの一つの場面。他にも具体的な子ども同士の言葉のやりとりを含めて詳細な報告がたくさんされている。また、どういった形での交流が有意義なのかを調べるために、例えば、普通学校の子が、特別学校の子たちと交流セッションする場合と、年下の子たちとの交流セッションする場合とでは、発語の数にそれぞれどのような差が出るのか、やり取りの中で相手のことをどの様に捉えているのか、さらにはそれぞれの子ども達へのインタビューから見えてくるものなどなど…多角的に分析を行っている。そして、今後のインクルージョンにどの様に活かしていくべきなのかに続けている。

『みんなの学校』の感想の中で多いものの一つに「実際の授業の様子を見てみたかった」というものがあるらしく、これはぼくも観ていて思ったこと。しかし、取材していた監督のインタビューによると、授業よりも教員の生徒指導の熱意を映したかったということと、校長が「うちの教員は授業が下手」と言っていたし…、とのことだった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

フリースクールに関わってきた自分としては、年齢の差、障害のあるなし関係なく、一緒に料理をしたり、一緒にキャンプをしたり、一緒に新聞を作ったり…ということが当たり前だった。一人ひとりが集団共通の課題に関わり、仕事の一端を担い、また、その練習をしながらみんなで一つの課題を仕上げていく…。教え、教えられ、助け、助けられ…という立場はそれぞれの場面で入れ替わる。もちろんぼくを含めた大人も同様に。

そんな風に、大人が子どもの中に入っていく…というか子どもも大人もグループの一構成員になり、それぞれにできることをしていく(ぼくにとっては授業をするということも“できること”のうちの一つ。もちろん子どもが授業することもある)という関わりが当たり前だったぼくとしては、『みんなの学校』を観ながら、どんなに言葉を濁そうとも「大人は指示、指導をする立場」ということが確固たる関わり方はやっぱり肌に合わないなぁと思ったのでした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

映画に出てくる子どもはみんなかわいくて、時に切なかったりもして、その度にいろいろなことを思い出しました。それは、本当に良かった。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

こんな風に書いてしまいましたが、観させてもらったのは無料での上映会。勉強になったし、昔読んだ本を改めて開くきっかけにもなりました。主宰された方々に感謝です。

そして、映画を観た後は隣の建物へ。以前、月に一度の休館日で入れなかった図書館です。半年くらいを経て、やっと見てきました。図書館という言葉では収まらない素敵な空間でした。

1465116559015