やっとサヨナラ奨学金

現在37歳。大学を卒業してから15年が経つけれど、今月末でようやく育英会の奨学金の返済が終わる。繰り上げ返済する人もたくさんいるけれど、ぼくみたいに青息吐息で活動している身からすると、そんなのは夢のまた夢で。ちなみに、いろんな事情で第2種という利子(3%?)が付いた奨学金だったので、結局全部でいくら返したのかも分かっていない。(完済通知が送られて来るらしいので、それには載っているのかな??)

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

自分自身が奨学金を使って大学に行っていたので、「勉強しようと思えば、ちゃんと進学する手段はあるからね」というのは、子どもと進路の話をしながら言っていたことなのだけど、今となっては認識が甘かったなぁと思う。

世界には、大学の授業料が無料だったり、奨学金も返済する必要のない給付型が設定されていたりする国が結構たくさんある。北欧の国などはこの授業料無料、給付型奨学金と両方実現しているところが多いし、他の主要な国々もこのどちらかを設定して、勉強したい学生に対して大学への門戸を広く開いているところが多い。

両方ともないのは、日本くらい。

いや、それどころではない。「奨学金とはいえ、返済が滞ると取り立て屋が来るらしいよ」なんていう噂話も、実は大袈裟とも言えない話で、3ヶ月返済が滞るといわゆる“ブラックリスト”に載せます、と説明書きまでしてある。ほんと、ただの借金と何も変わらない。さらには、最近の安保法案との絡みでも話題に挙がっていたけど、今後の社会情勢によっては大きく“使われる”可能性も否定できない。。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

そもそも日本の大学の授業料は高い。なのに、国立大学の学費も公平になるように私立大学に合わせて上げましょう、なんてピンボケなことを言っている。ぼくは、育英会の奨学金に加えて、大学2~4年までは大学内の給付型奨学金に採用されたりもしたのだけど、それでも学費全額には届いていなくて親に出してもらっている。

それでもぼくが苦学生という訳でもなく大学に行っていたのは、進学を当然のことの様にしてくれていた親のおかげだけど、これが当たり前ではなく、現実問題としてどうにもならない場合もあるということ、それ以前に「進学なんてありえないよ」と進路の選択肢に入らないことが当然ということが、決して珍しくないことは、身に沁みながら認識することができる。

進学塾で働いていた時、高校受験に備えた志望調査みたいな面談もしていたけど、将来の夢みたいな質問に対して「まぁ、近所の工場で」と答えるので、「何の工場なの?」と聞いてみると、「知らないよ。けど、大学とかは金なくて無理だから、適当にどっかで働くしかないでしょ」と投げやりに言ったりもする。これが、中学2年生の言葉だった。
また、不況不況と言われている時に大学生だったので、家庭の事情で新聞奨学生になった人もいた。夕刊の配達もあったらしく「新聞“奨学生”って言っても、勉強する暇なんてないよ。はぁ、休刊日…」なんて言っていた記憶がある。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

「借りた金なんだから返すのが当たり前」とか、「これだけのお金を払ってもらっているんだから、親に感謝して、たくさん勉強しないとね」というのは、当事者からすると何も言い返せない“正論”なんだけど、勉強したいという意思を持った若者に対して浴びせるべき言葉ではなく、こういうのはむしろ社会の不備を個人の責任へと論理をすり替えるための言葉で、この言葉を社会制度として体現しているこの国は、本来あるべき姿として果たして正しいのかを今一度考えなければならないと思う。

“皆が等しく教育を受ける”ということではない。“皆が等しく教育を選択することができる”ということが、社会を成立させていく重要な一面だと思う。
前者の意識は、均一化に繋がりかねない。戦後、義務教育が広く敷かれ、均一化ゆえに結局はその結果が個人の原因とされてきたことは、以前のブログで書いた気がする。そういう視点ではなくて、個人の話として、教育を受けたいと思った時にその意思を社会が底支えしていくことが、人一人が成長する背中を押していくことになり、結果的には社会の成長にも繋がる(←ここは蛇足か?)ということなのだと思う。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

まぁ、乱暴に言ってしまえば、「勉強したいって言ってるんだから、応援しようよ」ということ。特に若い人に対して。自分のこととして「お金がないから諦めるしかない」ということも、他人のこととして「あいつは金がないから仕方ないよね」ということも、どちらも次の世代に対しての薄情さの現れとなってしまう。

社会として個々の教育を大切にする度合いは、その社会の成熟度そのものだと思うのです。

書きかけだった記事~最近のこと

「シールズの奥田君も頼もしくなってきました」

と、数ヶ月前に父から送られてきた手紙に綴られていた。若い人の早いテンポのコールにはついていくのでやっと…というようなことも書いてあったけど、彼らがこれだけの注目を集める前から、その言動を近くで見守ってきたようだった。

SEALDsにはいろんな意見があるようだけど、心ない言葉や冷笑する大人の目にも負けずに、しっかり勉強し、自分の声を発しながら立ち続けている姿は、やっぱり未来そのものなんだなと思ったり。

そんな彼らに伝えたいのは、その姿を陰ながら応援している大人は、自分達が感じている以上にたくさんいるよ、ということ。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

かつての一年間の過ごし方は、春から地元の西武ライオンズの応援、秋からはラグビーで母校を応援、正月は箱根駅伝と大学ラグビー準決勝を観戦…といったサイクルで。

かつての大学ラグビーは、大学のチームカラーがはっきりしていて、前へ押すのか、横へ揺さぶるのかと全く違う攻め方が一つの試合でぶつかり拮抗するのが、社会人ラグビーにはない楽しみだった。さらに、大学スポーツだから、毎年メンバーが代わり、今年のチームはあーだこーだと話しているのも楽しいもんだった。

何より大学ラグビーの面白い所は、競技場の観戦席から監督があれやこれやと指示を出してはいるものの、ゲーム中の度重なる選択の場面において、フィールドにいる選手たちが自分達で意思決定をしていくこと。なので、選手が意外なプレーの選択をしただけで「おーっ!」と競技場が歓声に包まれることすらあった。
(高校野球などの学生スポーツは好きなのだけど、監督を絶対的な頂点とし、トップダウンが貫かれているような集団というのは、どうしても軍隊の要素がチラついてしまい、ちょっと気持ちが冷める瞬間があったり…)

ちなみに、母校の選手で有名な人はたくさんいるのだけど、今話題の五郎丸もその一人。一年生の時から試合に出ていて、身体の線も細かった彼は、ちょっとムラのあるような感じで、観戦していると「いやー、ゴロウはヤンチャだなぁ」なんてよく言われていたものでした。

それにしても、試合に勝ったり負けたりして泣くのはわかるのだけど、大きな試合の時は、試合開始前にロッカールームから出てきたら既に号泣している選手なんかもいて、「あれ、これから試合できんの?」と変な気持ちになったなったけど、こういう昂りも若い人のパワーの現れの一つなのかなぁと年を重ねるごとに感じます。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

国会は残念な結果となったけれど、スクラム組んで守ってまで採決を通すという、ここまでなりふり構わないことをする政府なんだということは、脱力を覚えながらも再確認した。

論争中にも挙がっていたけれど、間髪いれずに…という内容のニュース。やっぱり南スーダンという地名が出てきた。

安保関連法成立 今後の防衛は

ちなみに、南スーダンに展開している国を調べていくと、自衛隊の駆け付け警護の対象には中国軍も含まれていて、安保法案を通すためにやたらと近隣諸国の脅威論を煽っていた論調も、結局は何の論理性もなかったことがわかる。

調べれば調べるほど、疑問符ばかりが積み重なっていって、きりがない。けど、子どもに関わる仕事に就いている人間として気持ちが重くなることだけ書き足しておきたいのは、スーダンには少年兵がいるということ。今年の初めには少年兵の一部を開放するとのニュースもあったようだけど、それでもどこまでの話かわからない。

来年の選挙!という声もあるけれど、ぼくとしては、それまでの間にどれだけのことが行われているのだろうと不安になる気持ちが一番大きい。もしも何らかの“犠牲”があった時に、報復を叫ぶ声が大きくなり、それを諌める声は糾弾されるようになるのでは、と…。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

落ち込んでいた時に入ってきたのは、ラグビーのニュース。

想像だにしない結果に、「ホント??」と思わず口をついた。いやぁ、すごい。

大学卒業してすぐの五郎丸はラフプレーで出場停止になったりしていて、「やっぱりヤンチャだなぁ」なんて言っていたけど、今はそんな面影なんて全くなく、むしろ貫録が出ていて。けど、ペナルティゴールを狙うポーズは変わらずでちょっと懐かしい。

そういや、大学時代の彼が試合前に泣いたところは見たことがなかったけれど、今回は感極まるところがあったのかな、なんて。他にもマイケル・リーチが主将だったりと、学生時代にも活躍していた懐かしい名前の選手が出ていてちょっと興奮しています。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ラグビーを観戦しに行った国立競技場は跡形もないらしいし、観戦後に大騒ぎしていたコマ劇なんてゴジラに変わっているとかナントカ…。けど、あの時の学生達がこんな風に頼もしくなったんだなぁと勝手に感慨深くなることで、いろんな風に時間の流れを感じながら、記憶が色濃く蘇ってきているこの頃です。

書きかけだった記事~子ども虐待のこと

書き途中になっていた記事です。
上手くまとめられずに時間だけ経ってしまったのだけど、やっぱり時間だけ過ぎていきそうなので、一度上げることにしました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

先日、宮古島で子どもが虐待死する事件が起きた。若い継父による犯行だったが、母親はDV被害にもあっていて、相談機関へ連絡もしていたとのことだった。

何でこういうことが後を絶たないのかな…と思いながら、以前の職場で受話機越しに聴いていた家庭のひとコマを思い出すと、一瞬体が硬直するくらいの戦慄がありありと呼び戻される。
「言うことを聞かなかった。躾のつもり」という言葉の指す行動が、周囲の人間からは度が過ぎていると映ることもあるのだけれど、家庭という密室の中で起こり得る“特異なルール”というのは、子どもにとっては絶対的なものであって、年齢が小さければ小さいほど、その不条理さに対して理のある対応なんてできるはずもない。そんな流れの中で、一度悪循環の渦が生まれてしまうと、その渦が日に日に大きくなっていく流れを止めることができるのは、やっぱり周囲の人の現実の“手”だけになってくる。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

(余談だけど、宮古島の事件の後に、テレビでのインタビューを受けていたケースワーカーの話には「???」となることが多くて、正直心配になった…)

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

最近、児童相談所についての非難の記事をよく目にする。児相に改善するべきことがたくさんあることは事実だと思うし、もちろん今回の事件についても検証が必要だ。

ただ、最近の“児童相談所という社会の闇を知っている=ちょっと事情通”みたいな人が言っていることには、首を傾げることが多い。いろいろな情報が目につく今日だからこそ、やたら声の大きい人の話に出会った時、合わせて思い出してほしい僕なりの考察を書いておきたいと思う。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

個人の“児相問題請負所”みたいなところがネットに流す、「児相に子どもを連れ去られた」という一時保護の話については、基本的に親の話が中心にストーリーができていることが多い。というか、子どもはすでに保護されていて一緒にいないのだから、親からしか情報を得ることができない。こういう時、親が話していることが全て真実だったとしても、実は話していない事柄があるケースが少なからずあったりもする。なので、全体像を一個人からの情報で捉えることは、想像以上に難しいことだという前提が必要になる。

ニュースになるような目を覆いたくなるくらい酷い虐待ケースでも、「子どもを一時保護します」と親に話した時、その親は了解するどころか、むしろものすごいエネルギーで拒否をすることも少なくない。「親子を離れ離れにするのか!」と。このセリフ自体は、事情をよく知らない第三者の琴線には触れるようで、次第にこの言葉自体が独り歩きをするようになっているのをネット上ではよく目にする。

児童相談所では、親の話、子どもの話だけではなくて、周囲で様々な調査を行い、その下で会議を行い、方針を決める。もちろん、この調査の内容については、もう一度子どもが親と一緒に暮らすことを目的にしていることや、調査協力者のプライバシーを守ることにも意識を置いていたりもすることなどから、全ての内容をオープンにできるわけではない。ましてや、親の相談に乗っている人とは言え、民間の第三者に話せることはかなり限定される。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

親が、「子どもは私と一緒にいたいと言っている」と訴える場合もある。

これは、事実のことが多い印象がある。先に書いたように、子どもにとって絶対的な場所である家庭。そして、親という絶対的な存在。今までニュースになったきたような悲惨なケースでも、やっぱり子どもは「ママと一緒が良い」と言っている。心理的な考察はいろいろあるけど、現実に「ママを怒らせてごめんなさい」と言う子もいる。

これは、一番辛い現実。

この状況を脱するためにどういう手立てがあるのか…という選択肢の中に、“離れて暮らす期間を設ける”ということがどうしても必要になってくるケースがある。「親子を離れ離れにするのか」という言葉と「ママと一緒が良い」という言葉。しかし、その言葉と表裏一体の凄惨な生活。誰が責任を持って今後の親子を見通し、現時点で考えうるベストを判断するのか。

何度も言うけれど、「親子を離れ離れにするのか」という言葉と「ママと一緒が良い」という言葉の延長で、最悪の結果を招くということもあるのだ。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

(今、子どもの言葉の中で「ママ」を連発したけれど、子どもにとって母親の存在感が父親とは違ったものであることが、善し悪しは別にして、圧倒的多数の現実として存在しているというのは想像に難くないと思う)

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ニュースを見ていると、虐待をした親は、あたかも「人間じゃない」かの様に報道されるけど、社会生活においてはごくごく普通の一人の大人だったりする。いや、“社会生活においては”ではなくて、一個人として普通の人(ものすごく真面目な人)もたくさんいる。だから、“虐待”という非難されるべき行為を、個人のパーソナリティーに起因させることは、メディアの見出しとしては目を引くかもしれないけれど、本来の解決からは少し遠ざかる見地なのかもしれないとすら思う。

むしろ、世間の注意を集めることに尽力するメディアの報道が、当事者に対して過度のプレッシャーを与えることになって、このプレッシャーが「良くないと分かっているけど、イライラして抑えられない」状況をどんどんエスカレートさせていく悪循環へ陥らせる原因になっていくこともあるという意識も必要なのでは、と思う。

例えば、「隣から子どもの泣き声が止まなかった」というニュースが頻繁に流れると、我が子の夜泣きが続いた時に、多くの子がたくさん泣く年齢であったとしても、「虐待していると近所の人に思われてしまうかもしれない」と悩み、周囲の人の目を(第三者から見ると)過度に気にすることが日常になり、どんどん疲弊していってしまう…というのは珍しくない。そして、こういうストレスは、だんだんと冷静に物事を判断する力を削いでいく。そんな中で、また泣き声が耳に入ってくる…。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

子ども虐待について、多くの人が関心を持つようになってきたことは、とても大事なことだと思う。ただ、その関心も持たせ方によっては、「心配だけど、児相にだけは通報しない方が良いらしい」ということを助長しかねない。個人的にこれは一番懸念していることなのだけど、実際にこういう風に言っている人もたくさんいるという現実がある。

上記のような情報を流している人が、親子に対してしっかりとした対応を社会的責任において果たしているのであれば安心なのだけど、こういう対応ができる人は極々少数で、多くの場合は「児相は国の闇だということを自分は知っている」という事情通の顔をしているだけで、実際のケースワークには入らず、結局何の実行力もない観念的、精神論に近いアドヴァイスしかしない(できない)ことがほとんどのケースに見てとれる。

今、目の前にある事態に、どういうことが必要なのか。それが具体的な“手”だった場合に、その“手”を担えるのは誰なのか。相談に乗るのであれば、現実的に考えてほしいと思う。

※ちなみに、民間が行っている子どものためのシェルターもあります。具体的な“手”として。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

冒頭に書いたように、児相にも改善しなければいけない点、向上しなければいけない点があることには違いないと思う。例えば、突然職員に訪問された親が動揺するのは当然で、そういった場合にこのショックを何処に持っていったらいいのかというフォローアップは必須になる。僕自身が担当していた部署は、こういう話も聴いていたので、現場でそういう紹介がしっかりとなされているのかということも重要なポイントになってくる。

そもそも、児童相談所は、18歳未満の子どもについてあらゆる相談に乗る場所。虐待や障害などの相談場所と言うよりも、もっと広い門戸を持っている場所。なので、児相自身も、もう少し社会に開かれた身近な相談場所になっていくことが必要だと思ったりもする。僕自身、中に入ってみるまでは、詳しく知らなかったから。。。