おまけのオープン日

気がつけば、毎日Tシャツ一枚で過ごしています。
天気予報では、このぐずついた天気を“梅雨のはしり”と言っていたので、春はもう終わって夏に向けての準備期間も目の前。まぁ、湿気とカビとの闘いの日々と言った方がしっくりくるような…。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

沖縄に越してきてから、何度か行っている“手打ちうどん体験”。餃子屋なのか、うどん屋なのか、はたまたお教室なのか…。「珍しい組み合わせですね」と言われることもしばしば。とにかく、子どもが楽しく過ごせる時間を、少しずつでも増やせていけたらなぁ、なんて思ってます。

そんな中、「この写真にあるうどんセット、作りたい!」という声があったので、今日は放課後教室のおまけのオープン日としてうどん作りを行いました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

小麦粉を計り、ふるいにかけ、食塩水作り。

ここで、みんなにクイズ。
「今ここで重さを計った水に20gの塩を入れたら、重さはどうなる?」
「そりゃ、20g増えるから、えっと、えっと…」と、目盛りを見ながら計算。最近、3けたの数の計算もお勉強しているから、ばっちりね!

このクイズは想像どおりの結果。そして2問目。
「じゃぁ、水の中に入れた塩を溶かしたら、重さはどうなる?」
「元に戻る!」というのは、自然な予想。“溶けたら(見えなくなったら)、なくなる”という感覚。
これも実際に実験。
「あ!」

では、3問目。
「割りばしの重さを計って、それを水に浮かべたら重さは??」
「その分、増える!」という予想は、2問目の結果を参考にできているのかな??

その後は、金魚を泳がせてみたら…(←これは実験できないけど…)と予想を立ててみると、
「じゃぁさ、プールで泳いでみてもさ!」と、想像が広がります。

IMG_3678

授業じゃないから“ちょっとした体験”。だけど、記憶のどこかに残ったのなら、“重さ”という概念の捉え方や、今後出会うであろう法則の説明の時に大きな手助けになってくれるかも。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

うどん作りは結構な重労働。こねたり、踏んだりと身体を動かす作業が続きます。

「で、テッシーは、これ作ってるの?」
「そうだよ。お店で出しているでしょ?」
「どこで作ってるの?見たことないけど」
「ここで、作ってるよ。お客さんのいる時には、誰もいない時に…」

普段は重労働な上に、孤独な作業。みんなと作ると、こんなに楽しいのに…。

うどん作りでちょっと気がかりなのは、切る作業だと思うけれど、パスタマシーンを使えばそんな心配もなし!

IMG_3695

茹であがれば、美味しい美味しいうどんの出来上がり!

IMG_3704

今日は、温かいつけ汁、釜たま、冷たいつゆの三種類。
「おいしー!」と、大成功!頑張った甲斐があった!!

たくさんできたので、お土産付き。おうちの方々とも美味しく食べてね!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

今後、この様な企画を一般募集していく構想もあります。その際は、このブログでも告知いたしますので、「ちょっと覗いてみようかな??」という方は、お気軽に遊びにいらして下さいね!

何だか解らないけど…

4月に入って、生活サイクルが少し変わったのと、自分も算数のおさらいなどをしていて、パソコンに向かう時間自体が少なくなっていて…と書き始めようと思っていたのだけど、今日はこのブログがトラブルに見舞われ、目がシパシパするくらい画面とにらめっこ。

今までの記事を捨てないとブログを復旧できなさそうだったので、きれいさっぱりデータを一掃したのだけど、何故だか記事は残っていました。心機一転…と思っていたので、何だか変な感じ。

それにしても、ネットでアレコレ調べて対処したものの、結局自分が何をしたのかイマイチ解っていないままの復旧。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

風邪が流行っているようで、この前のぼくの様に喉の痛みから高熱というパターンが多いみたい。

ぼくは、先月終盤に一度ダウンし、店を休んで家で寝倒して治したつもりが、一週間後に再発。ぶり返してしまったので、二回目は酷くて。唾を飲み込む度に激痛が走り、意を決して鎮痛剤を飲んで、薬が効いている間に食事と水分を取る…。だけど、あれよあれよと熱は39度近くに。

お教室の初日の前にしっかり治しておこうと、病院に行くも、

「あらー、これは入院ですね。紹介状、書きます」と、いきなり言われ、
“いやいや、入院なんて無理です”と言おうとするも声が出ず、
「発語不能、と書いておきますね」と、追い打ちをかけられ、文字通りぐぅの音も出なかったでした。

ちなみに、入院先の病院では診察まで時間がかかり、やっとのこと「熱、測っておいてくださいね」と言われて計ったら、“40.2度”。。。
「もう一回計ってください」と言われたのは、体温計にいたずらでもしたと思われたからなんだろうか。言われるがままに再検温。二回目は“40.6度”。。。

あれよあれよと、点滴漬けになったのでした。

ちなみに、初日はやっぱり辛くて、鎮痛剤を飲む時も激痛、食事も喉を通らないような感じだったけど、翌朝、経口ではなくて座薬を入れたら(自分で)、あら不思議。効きが良すぎたのか、痛みもほとんどなくなり。それからは、「次のご飯、何かな」と食事のことを考えるか、眠るかの生活になり、だんだん入院しているのが申し訳なるくらい元気に回復。

沖縄に来てからは、病院に行ったことがなかったし、薬自体もあんまり飲まないようにしていた生活だったけれど、今回は久しぶりに薬漬け。やっぱり自分では何がどう効いているのか解らないうちに退院していたのでした。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

何か書こうと思ってパソコンを開いたのだけど、その後のブログトラブルでてんてこ舞いとなり、書こうと思っていたこと、忘れてしまいました。

とにかく、元気に食事が出来るというのは素晴らしいことです。体調がすぐれない時には、無理せず、しっかり治した方がいいですよー。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ちゃんとお休みを作ることにしました。キッチンは、毎週木曜日は定休日とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

放課後教室の一場面…

放課後教室が本格稼働し始めて一週間が経ちました。どんな様子でお勉強をしているのか、少しご紹介。

この前は、小数と分数の確認。
「どうして、小数と分数、両方やらないといけないの?」というのは、とっても大事な疑問。初めて出会う“1より小さい数”が、立て続けに2種類も出てくるのだから、混乱するのも当然。

中でも、分数は今まで触れてきた数とはちょっと様子が違う。ここはしっかり確認を。

日本は小数を使うことが多い。それに対して欧米は…??分数を表わす単語を紹介したり、
「靴のサイズを見てみよう」ということを。

10394567_651680554938045_1550527778786969171_n

「あ!」
今は、各国のサイズが一つのタグに書いてあるから一目瞭然。US,UK,FR,JP…どんな表記かな??

その後は、板書を使って。

小数を分数に直すのはできる。
「じゃぁ、分数を小数にするのはどうかな??」
例えば、1/3 を小数に直そうとしても、
「割り切れない!!」

さっきも書いたように、小数の方がスッと入りやすい文化において、“割り切れない数”は「本当にそんな数、あるの??」という疑問は当然。今、一番確認したいことは、「量として分数を捉える」ということ。1/3 という数は、実際に量として存在するの?ということを一緒に考えていきます。

最後は、ぼくのお師さんがよく出していた問題↓

11055401_1621579448056764_4732062068842057674_n

「わっ!すごい!」と、ビックリ!こういうワクワクが、勉強の一番の動機!

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

ザーッと書いてみましたが、こんな感じでそれぞれのニーズに合わせた授業をしています。何よりもは、学習そのものが「楽しい!」ということを目指して授業づくり。ここがしっかり出来れば、他のことは必ず付いてきます。

今は、どんな風に授業を進めようかな…ということで、頭がいっぱいの毎日です。心地よい!!

新年度が始まって一週間

新年度が始まりました。

と言っても、すでに4月に入って一週間経っていました。その間、キッチンは2年目を迎え、個人的には誕生日まで過ぎていたのですが、先月末からの体調不良が治っていなかったようで、思いがけず入院までして時間を過ごしてしまいました。おかげ様で順調に回復して、一週間遅れで新年度本格スタートをしています。

この間、多くの方にお世話になり、また、ご心配おかけしましたことをお詫び申し上げます。そして、どうもありがとうございました。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

今年度は、少し前から募集をしていた、『放課後教室』も本格的にスタートしています。『放課後教室』では、それぞれのニーズに合わせて、補習、進学、体験学習などを行っています。スタッフが直接対応するために、コマ数などには限りがあります。ご興味がありましたら、お早めにお問い合わせください。

また、定期的に公開授業の様なものを開催していく予定もあります。子どもから大人までを対象に、一回完結を基本としたオリジナルの授業(座学、科学実験、ものつくりなどなど…)を行っていこうと思っています。教科・単元などに縛られない『新しい授業の形』を紹介していくことにより、『学校以外の学び』を実体験として提供していく時間にしていこうと考えています。企画が経ちあがり次第、ご紹介させていただきますので、お時間がありましたら、ぜひ一度遊びにいらしてください。

。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

入院している間、自分のブログを読み返してみたのだけど、誤字脱字はもちろん、「あぁ、変な文章…」というものが次々と発見され、一人悶絶していました。パソコンで文章を書くというのは、修正や文章の割り込みなど、とても手軽に手を加えられるようになる半面、その加えられた手が後から断片的に“思いついたこと”だったりするから、全体としてどうにもギクシャクしたものに仕上がっていたり…。この場に公開する前に「しっかり読み返しておくように!」と自分に言い聞かせてみるものの、やっぱり自分は自分に甘いようです。中途半端な文章を読んでいただいて、皆さん、いつもいつもスイマセン…というところに落ち着きました。

これからも、不定期ではありますが、拙い言葉を紡いでいこうと思いますので、お時間のある方はお付き合いください。

では、今年度もどうぞ宜しくお願いいたします。